中性脂肪について

健康診断の血液検査でも測定される中性脂肪は、
体脂肪の元となってしまう物質です。

 

現代は好きな食べ物を、好きな時間に食べることができる時代。
昔に比べて格段に中性脂肪を溜め込みやすい
環境が出来上がっているので、要注意です。

 

 

中性脂肪が多くなると余分な皮下脂肪も増え、太ります。

 

ただ、中性脂肪は痩せている人でも多いことがあります
内蔵に沈着する内臓脂肪が多い隠れ肥満の人は
例え外見が痩せていても、中性脂肪値が高いのですorz。

 

皮下脂肪でも内臓脂肪でも
中性脂肪の多い肥満は生活習慣病の原因になります。

 

今すぐに深刻な症状にはならないものの、
動脈硬化や糖尿病や高脂血症等々を
引き起こす可能性が高まるので、気をつけなくてはいけません。

中性脂肪を下げるには

まず中性脂肪というのは必要なエネルギーの余剰分です。

 

ですからなるべく身体を動かすようにしてエネルギーを消費すれば、
中性脂肪が溜まっていくこともありません。

 

ただし毎日ろくに歩かずにデスクワークや車の運転ばかりしていたら、
中性脂肪がどんどん蓄積されてしまうでしょう。

 

 

あとは必要以上の中性脂肪を摂らないようにすることです。

 

最近は食が欧米化することで
より高脂肪・高カロリーな食事が多くなりました。

 

最も有効なのが肉が中心の食事から、魚が中心の食事
変更することです。
しかも魚にはEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸が含まれており、
肝臓で中性脂肪が生成されるのを防止してくれます。

 

つまり魚を食べ続けていれば、余計な中性脂肪が
新たに生成されるのを防いでくれるんです。

 

 

しかし実際に洋食メインの食生活を、
お魚の多い和食メインに変えるのは、
正直魚嫌いの人には難しいでしょう。

 

ですから最近は中性脂肪に効くサプリが多く販売されています。

DHAとEPAを摂取しよう

日本の厚生労働省が健康の為に推奨する
1日のDHA・EPA摂取目安量は1000mgなんです。

 

マグロのお刺身にすると10人前の量になります。
そんなのは実際問題ムリがありますよね。
そこでサプリの中でもDHAとEPAの含有量が多い「きなり」です。
きなりなら1日4粒で500mgのDHA・EPAを摂取できます。

 

 

更にきなりにはクリルオイルという魚油が配合されています。
クリルオイルには多量のアスタキサンチンが含まれているので、
DHAやEPAを酸化から守ってくれます

 

しかもナットウキナーゼという納豆菌が出す
酵素が多く含まれているのが特徴です。
これには中性脂肪や悪玉コレステロールを下げる効果や、
強力な血栓予防と溶解効果があるんです。

 

中性脂肪を下げて、生活習慣病を予防する為には
このサプリが最も効果的で良いでしょう。

 

今なら15日間の返金保証もあるので、もし万が一あわなかったら
例え使用後でも返金してもらえます。
きなりはDHAやEPAサプリ特有だった魚臭さがないので、もし
同様の他社サプリでダメだった人でも試す価値アリですよ。

 

更新履歴