落としやすい脂肪と落としにくい脂肪

そもそも脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。

 

皮下脂肪は文字通り皮膚のすぐ下に蓄積された脂肪です。
ホルモンの性質上女性に多い洋なし体型の人によく見られます。
この皮下脂肪は食べた物のエネルギーが消費されずに残ったものが
蓄積されたものなので、落とすのにも時間がかかります。

 

 

そもそも皮下脂肪がつくのは基礎代謝や運動で消費するカロリーよりも
食べ物などの摂取カロリーの方が多いからなんです。
まずは1日3食以外の余計なカロリー摂取を減らして、
摂取カロリー量の調整をしましょう。

 

内臓脂肪もその名の通り内蔵についた脂肪のことです。
皮下脂肪に比べて生活習慣の影響を受けやすく、まだ女性より男性に
つきやすいことが特徴です。
ただ女性でもお酒が好きな人、揚げ物などの脂っこいものが大好きな人
内臓脂肪がつきやすい生活をしているので注意しましょう。

 

この内臓脂肪は内臓の機能の妨害をするので様々な病気に繋がります。
糖尿病や高血圧などの生活習慣病を引き起こす原因なんです。
それだけでなく動脈硬化などの重度の病気へのリスクも高まります。

 

 

自分はお腹が出ているんだけどどちらの脂肪かわからないという人も多いでしょう。
そんなときの簡単な判別法お腹の肉を掴んでみてください。

 

皮下脂肪の多い人は肉が多いのでタップリお腹をつかめるでしょう。
逆に内臓脂肪が多い人はお腹の肉が多いわけではないので余り掴めないのです。
※ただしあくまで参考にしてくださいね

 

 

とにかく脂肪がつかないような生活をするようにまずは食生活から見直し、
これ以上は太らないように気をつけましょう。