血中の脂質が高くなると高脂値症になります。
最近では脂質異常症という名称になりましたけれど。

 

この高脂血症ははっきりとした自覚症状がありません。
ですから早期発見がなかなか難しいんですが、放っておくと
脂質はどんどん血管の内側に溜まってしまいます。
すると知らないうちに動脈硬化を引き起こすことになります。

 

 

ちゃんと定期的な健康診断を受けて血液検査をしましょう。
ちなみに次のうち1つでも該当すると高脂血症と診断されます。
■空腹時の悪玉コレステロール値が140mg/dl以上
■空腹時の善玉コレステロール値が40mg/dl未満
■空腹時の中性脂肪値が150mg/dl以上

 

悪玉コレステロール値が高くなると高コレステロール血症です。
中性脂肪値が高くなると高トリグリセライド血症になります。
高脂値症とはこれのいずれか、または両方であることを指します。

 

原因は普段の生活や食事が影響しています。
例えば動物性の脂質が多い食事は血中の悪玉コレステロールや
中性脂肪を増加させます。
すると高コレステロール血症になる危険性が高まります。

 

 

このようによく調べてみると高脂血症自体に害はありません。
ですが高脂血症になると他の病気になる危険性が高まるので、
注意しましょうってことなんです。

 

普段からできることは食事内容が偏らないように気をつけることです。
コレステロールは少なくなると、血管が破れやすくなったりとか
免疫力が低下するなどの危険性があります。
多すぎず、少なすぎず適度に摂ることを心がけましょうね。