身体の内側

内臓脂肪は体内にある内蔵の周囲に沈着する脂肪です。
一般的に肥満体型の人に多いのは事実ですが、中には
痩せている人でも内臓脂肪が多いことがあります。

 

内臓脂肪というのは見た目にはあまり影響しないことも
十分ありえることなんです。

 

本来の働きは内蔵の位置を正しく保ったり、外部からの
衝撃吸収クッションの役割です。
この内臓脂肪は無駄に沈着するとあらゆる生活習慣病の
元になってしまう可能性があるんです。

 

 

ただし内臓脂肪は肥満体型の人に多い皮下脂肪に比べて
沈着しやすいんですが、落としやすい脂肪と言われています。

 

この落としやすいというのは遊離脂肪酸として血液の中に
溶けだしやすいということなんです。
ですから余分な脂肪まで血液に溢れ出ることもあります。
そうなってしまうと血液中の脂肪が多くなり、高脂血症や
高血圧や動脈硬化を引き起こす可能性が高まるんです。

 

この内臓脂肪はホルモンの関係で女性よりも男性の方が
つきやすいものです。
筋肉量の多い男性は熱源としての内臓脂肪が多いのです。

 

特に昔運動で筋肉が多かったが今では運動をしなくなった人や、
不規則な食生活の人に多いとされています。

 

一般的な基準は男性はウエスト85センチ、
女性はウエスト90センチ以上の人は内臓脂肪が多めでしょう。
またお腹の肉をつまんでみて、意外とつかめなかったら
それも内臓脂肪が多いと言えるでしょう。

 

 

しっかりと食事内容に気を使って、適度な運動を心がければ
無駄に内臓脂肪が沈着することもないでしょう。
中でも有酸素運動と呼ばれる運動が効果的です。