どうやって生成されるか

中性脂肪は本来身体を動かすエネルギーとなる物質です。
健康診断の診断表ではTGと表示されるトリグリセリド、
別名をトリアシルグリセロールと言います。

 

 

その原料は主に脂質です。
脂質は体内に腸から吸収されるとエネルギーとして利用
されますが、余った分は蓄えられます。
その蓄えられる分が中性脂肪に変わるんです。
それはつまり身体についたぜい肉や皮下脂肪です。

 

中性脂肪が余分にあるとメタボリックシンドロームや、
動脈硬化や脂肪肝や糖尿病などの生活習慣病の
原因になることもあります。

 

また中性脂肪は肝臓でも生成されます。
大量の炭水化物やアルコールの摂取をすることでも
増加してしまいます。
脂質さえ避けていれば良い訳ではないのです。

 

 

ちなみに健康診断で測定される中性脂肪というのは
肝臓の脂肪が血中に分泌された内因性のものです。
ですからそれは食事から取られた中性脂肪とは違います。
なので健康診断前の食事などで外因性の中性脂肪が
高くなってしまうと、正確な数値が検査できないのです。

 

そしてよく中性脂肪と間違えられるのがコレステロールです。
コレステロールも脂質の一種なんですが、主に細胞膜や
筋肉などのホルモンの原料になります。

 

 

それに対して中性脂肪はエネルギー源として蓄えられます。
それが今度は食事不足や運動によってエネルギーが必要に
なると、貯蔵された中性脂肪が分解されて脂肪酸になります。
脂肪酸を今度はエネルギーとして使用するのです。

 

つまり運動すれば中性脂肪は減るんですが、一度蓄えられた
中性脂肪はなかなか消費されないのが悩みどころです。