体組成計の仕組み

今の体組成計と呼ばれる体重計は凄いですよね。
性別と年齢と身長を入れて体重を測定すれば、
体脂肪率がわかるんです。

 

普通は人間ドッグなんかでまるで輪切りにされたような、
撮影をしないと体内脂肪なんてわからなそうですよね。

 

 

それが体重計に乗るだけで測れるんですからね。
これは生体電気インピーダンス法という分析をしている
ようなんです。
このインピーダンスというのは予め入力する体重などの
電気抵抗値を組み合わせることで測る方法です。

 

体組成計は足裏に電気を流す部分があると思います。
ここから身体に微弱な電流を流してその時の電気抵抗の
具合で体組成を測定するんです。

 

体内の中性脂肪や皮下脂肪や内臓脂肪はほとんどが
電気を流しません
ですが筋肉などのその他組織は電解質を多く含み、
電気を流しやすい造りになっています。

 

身体の中の筋肉組織はその断面積によって抵抗値が
変わってきます。
断面積が大きいと電気抵抗は低く、断面積が小さいと
電気抵抗は高くなります。
この断面積を入力した身長や多くの統計データから
どれぐらい脂肪があるのかを推定しているんです。

 

 

ですから体組成計の測定値が100%当たっているとは
言い切れません。
実際にお風呂上がりなどで足裏が濡れていたら電気が
流れやすくなるので体脂肪率が低く表示されます。

 

それに身長や体重と電気抵抗だけですべてが完璧に
わかるわけでもないですからね。
人の筋肉量もそれぞれ違うので、あくまでも参考程度
捉えて測定するようにしましょう。
何もないよりは目安になるだけでも十分ですから。