目指すは適度な運動

中性脂肪を減らすのに欠かせないのが適度な運動です。
しかし適度な運動ってよく聞くことはあるけど、具体的に
どんなものかってよくわからないですよね。

 

 

まず運動というのは大きく2種類に分けられます。
1つ目は短距離走や重量挙げなどの、ほんの短い時間で
瞬間的に力を使う無酸素運動です。
2つ目がウォーキングやスイミングなどの長期的な力を使う
有酸素運動です。

 

中性脂肪を減らすのに有効な運動は後者です。
なぜなら無酸素運動の栄養源は筋肉内のグリコーゲンが主で、
有酸素運動の栄養源は糖や脂肪が主なんです。

 

つまり有酸素運動をしていればまず体内の糖が消費されるので、
新しい中性脂肪が作られにくくなります。
もちろんすでに生成されている中性脂肪も徐々に消費して
減らしていってくれるんです。

 

この有酸素運動を適度に行う目安というのはおおよそ30分です。
そもそも体内の脂肪などは運動を始めてから30分ほどしないと、
消費されません。
ですからどんな運動でも最低30分は継続して行わないと
ほとんど効果が得られないんです。

 

 

もちろんそれ以上行っても問題はありません。
自分に無理のない範囲で継続的に行うことが重要なんです。

 

有酸素運動を毎日していても3ヶ月程度は時間がかかります。
一般的には約半年しないとほとんど変化がないと言われています。
もし短時間で効果が出てきたとしても辞めない方が良いでしょう。
またすぐに運動不足で中性脂肪が溜まりやすくなってしまいますよ。